2014年03月21日

フェイスリフトの種類

フェイスリフトには、いつくか種類があるので、気になる人は事前に調べて違いについて知っておくことをおすすめします。たるみの目立つ皮膚を切除し、縫い縮めるという方法は、昔ながらのフェイスリフトの方法です。この方法で行うフェイスリフトは、目じり、頬、顔全体など、どの部位がたるんでいるかでやり方を調節できます。金銭的な負担が大きくなるというデメリットはありますが、効果が長く続くという利点のあるフェイスリフトです。近年では、溶ける性質がある糸で皮膚を縫い縮めるというフェイスリフトの方法もあります。皮膚のたるみを解消するために、溶ける糸を筋膜と筋繊維の間に入れ、皮膚を引き上げるという手法になります。

料金的に安く、タイムラグがないので、皮膚を切るような手術はしたく無い人には人気の方法です。レーザーを用いた、フェイスリフトの手術も存在します。皮膚のハリや弾力を高めるコラーゲンの生成力を高める作用があるレーザーを、皮膚の広い範囲にあてるものです。しわやたるみが目立つ皮膚でも、コラーゲンが増えることでハリが出て来ます。しわやたるみのない皮膚にするために、ボトックスやヒアルロン酸を注入するという手法もあります。料金体系は、薬液の分量に応じて決まることが多いため、どのくらいのフェイスリフトを行いたいかを決めやすいでしょう。ボトックスやヒアルロン酸注射によるフェイスリフト効果は半年ほどなので、定期的な施術が必要になります。
様々なフェイスリフトの方法がありますが、どの方法も個々に特長があります。どんなやり方が最も望ましいか、それぞれ情報を確認した上で選ぶといいでしょう。

フェイスリフトとともに気になっているのがまつげが伸びる美容液。調べてみたらルミガンっていうみたいなんだけど、一応医薬品として販売されているみたいで、ルミガンを入手するには通販が一般的みたいです。医薬品なので副作用などに注意しながら利用する必要がありそうですね!





  


Posted by kimberle at 10:14健康美容日記